[メディカル百科]美容外科編

「顔のたるみや目の下の膨らみが原因で、老けて見られる」「パッチリ二重や高い鼻に憧れる」。そんな容姿の悩みを持つ人は、年末年始の長期休暇などを利用して施術を受けることが多いそう。治療法について話を聞きました。

─顔のたるみを切らずに引き上げる方法を教えてください。

皮膚の中で溶けるよう加工された糸を使って、フェースラインのたるみを引き上げていきます。多方面に向く突起が付いている糸の場合、この突起が皮膚組織に引っかかることで、しっかりリフトアップできます。また、皮膚組織が刺激されることによりコラーゲンの生成も促進され、肌にハリが出ます。

─一重まぶたを二重まぶたにするには。

まぶたを糸で縫い付けて二重にする埋没法があります。通常、まぶたを3点留めしますが、その人の骨格や、皮膚・脂肪の付き方などによっては治療法を変える必要があります。

─目の下の膨らみで悩んでいる人も多いそうですね。

若くても、目の下の膨らみのせいで疲れた印象を与えたり、たるみやクマがあるように見えたりすると悩む方がいます。それらの多くは目の下の脂肪が原因。下まぶたをめくったその内側を数mm切開し、脂肪を取り除くことで改善が望めます。

─鼻の形を整える方法は。

だんご鼻が気になる場合、まず、鼻の穴の縁に数mmの切り込みを入れます。鼻柱(鼻の穴の間にある軟骨部分)の余分な脂肪を取り除き、左右の軟骨を縫合してシャープな鼻にします。鼻の穴を小さくするときは、鼻の穴や鼻翼(鼻の両側の膨らみ)の一部を切り取ります。この他、小さなメッシュボールを鼻先に入れることで自然に鼻先の形を整える方法もあります。詳細は専門医にお尋ねを。

ながしまクリニック 理事長・医師 長島 秀幸氏

店舗情報

ながしまクリニック

住所
熊本市中央区下通1丁目6-27 タカハマビル2F
TEL
096-321-6886(予約優先)
店舗ホームページ
https://nagashimaclinic.net/
営業時間
診療時間/10時~19時(最終受け付け18時)
休業日
休診/不定休(日曜診療あり)