[メディカル百科]外科編(自由診療)

心身の不調に合わせて多様な療法を組み合わせ、治療の相乗効果を図ることを「統合医療」と呼ぶそうです。西洋医学と併用が可能な代替療法について聞きました。

─代替療法に取り組んでいるそうですね。

当院では、患者さんの自律神経のバランスを整えて免疫力の向上を図るほか、西洋医学と組み合わせて治療の相乗効果を期待する目的で、代替療法(自由診療)を行っています。その一つが「ラドン温湿浴」です。ラドンは空気中にも含まれる無味無臭、無色の気体です。ラドンからは、長期間浴びても人体に影響のない程度の低線量放射線が出ており、ラジウム温泉にも利用されています。

─治療の流れは。

ラドンを含む水を100㏄ほど飲み、シャワーで体の汚れを流した後、ラドン温湿浴ルームに入り、約40分間、横になるなどして過ごします。室内はラドンから放射される低線量放射線と水蒸気が漂い、温度38度、湿度70%の岩盤浴のようなイメージです。血流が良くなるため、リラックス効果が期待でき、ラドンを水蒸気と一緒に体内に取り入れることで、抗酸化システムが活性化すると証明されています。治療費は1回5000円です。ただし、妊娠中など、治療を受けられない場合もあります。

─他にはどのような治療法がありますか。

オゾンの力で血液を活性化させ、抗酸化力の増強を促す「オゾン療法」を行っています。痛みや食欲低下などを改善し、患者さんのQOL(生活の質)の向上に寄与する治療法としても注目されています。治療費は1回1万2500円です。ほかにも、さまざまな療法に取り組んでいます。詳しくは当院HPの院内情報から「あそ統合医療研究所」のページをご覧ください。

―代替療法を受けるときの注意点は。

代替療法は組み合わせによっては、治療の効果が現れにくくなることもあるので、必ず医師から詳しい説明を受け、副作用なども理解した上で治療を検討していただくことが望ましいです。当院は「ぬくもりと安心の医療を提供する職場・病院」をコンセプトに、まずは私たち医療従事者が率先し、統合医療を通して心身の健康維持に努め、一つのチームとして連携しながら、患者さん一人一人に合わせた治療とケアを提案していきます。詳しくはご相談ください。

阿蘇立野病院
理事長 上村 晋一氏
日本外科学会認定外科専門医

自由診療を行う同院内4階の「あそ統合医療研究所」

ラドン温湿ルームの様子。室内は岩盤浴のような温かさを感じられます

さまざまな療法に取り組む同院。写真は温熱療法に使用するベッド

店舗情報

医療法人社団 順幸会 阿蘇立野病院

住所
阿蘇郡南阿蘇村立野185‐1
TEL
0967-68-0111
店舗ホームページ
https://asotateno.or.jp/institute/
営業時間
月曜~土曜 9時~12時半、14時~17時半
休業日
日曜、祝日、年末年始は12/29~1/2