[メディカル百科]美容外科編

メスを使わず入院もしなくていい“切らない治療”。心身の負担が少ないため、多くの患者さんに選ばれているそうです。今回はワキガ・多汗症と痩身(部分痩せ)、豊胸術の切らない治療法について聞きました。

─寒い時季でもワキガや多汗症の悩みは寄せられますか。

年間を通してワキガや多汗症で来院される方は多いです。またこの時季だからこそ、春に向けて治療を終えたいと相談に来られるケースも少なくありません。ワキガはレーザーで治療します。脇などの患部に照射し汗腺を破壊することで、半永久的な効果が見込めます。施術時間は両脇で約60分です。施術中の痛みは麻酔で軽減できます。一時的に発汗を抑えたい場合にはボトックス注射が有効です。効果は約半年間で、施術時間は両脇で約10分です。これらは手足の多汗症にも有効です。

─痩身治療も切らずにできますか。特定の部位だけ痩せたいという人にはどのように。

脂肪細胞を溶かす注射や、脂肪細胞を冷凍して破壊する方法なら切らずに治療できます。いずれも施術部位が選べるので痩せにくい太ももや二の腕など、運動や食事療法では実現しにくい部分痩せが可能です。

─切らずに治療ができるのですね。豊胸術も切らずに、が可能ですか。

はい。バストにヒアルロン酸を注入するという方法があります。量や場所を微調整することで、希望に近いバストが作れます。また、事前に吸引した自分の脂肪を使う方法もあります。痩身と豊胸を同時にかなえたい人にお勧めです。脂肪は、注入前に不純物を取り除くことで生着率が高まります。自分に適した治療法など、まずはしっかりとカウンセリングを受けることをお勧めします。専門医にご相談ください。

共立美容外科熊本 院長 山田 雅明氏

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5‐21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
https://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜 9時~18時(完全予約制・祝日も平常診察)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340