歯科編

虫歯や歯周病といった口内の不調を見過ごし、症状が悪化している人も多いのでは。近年、歯の根を治療する根管治療に、歯科用のレーザーを用いるようになったそうです。最新の治療法について話を聞きました。

─根管治療とは何ですか。

歯の奥深くにある根管から、外傷や虫歯によって細菌に感染した神経や血管を除去し、根の中を洗浄、消毒して痛みや炎症を抑える治療法です。狭くて暗い口の中を肉眼で見ながら手探りで治療する場合、虫歯や詰め物の不具合を見落とすこともあります。これを防ぐために、歯科手術にも使われるマイクロスコープ(顕微鏡)を活用します。歯根の先端まで細部を確認できるため、歯を傷つけずに根管の細菌を除去できます。肉眼での治療だと「抜歯」と判断される場合でも、歯を抜かずに済むこともあります。もし抜歯することになったとしても、親知らずが残っていると移植できることもあり、この場合は保険が適用されます。マイクロスコープでの治療は、基本的に自由診療になりますが、歯の状態によっては保険が適用されます。

─治療後の処置は。

根の中を消毒した後は、細菌の侵入を防ぐため根管に薬剤を詰め、症状によってはかぶせ物をする場合もあります。歯の型を取る方法は、従来の印象材を使った型取りのほか、口腔内スキャナーを使って口の中の情報を3D画像で読み取る方法があります(自由診療)。スキャナーだと型取りのように患者さんが嘔吐(おうと)反射を起こす恐れがないなどのメリットが考えられます。

─レーザー治療との併用も可能だそうですね。

はい。レーザーの光を当て、虫歯菌や歯周病菌を殺菌することができる治療法で、マイクロスコープと併用することで、曲がった根など、より精密さが求められる部分も治療できます。レーザーなので、歯を削りすぎるのを防いで、健全な部分をできる限り残すことも可能です。また、治療の際の不快な音や「ガリガリ」という振動もありません。1回の治療時間は、症例にもよりますが1時間ほどです。レーザー治療も基本的に自由診療です。近年、周囲への熱の作用が極めて少ないレーザー機器も登場しています。

─治療の選択肢が広がっていますね。

歯科技術の進歩により、健康な歯を可能な限り残しながら治療することが可能になりました。しかし、コロナ禍ではなかなか歯のメンテナンスに行けないという方も多いようです。虫歯も歯周病も、放置して悪化すると歯を失ってしまいかねません。歯茎の腫れや出血、口臭、歯痛などの気になる症状は、できるだけ早く専門医に相談してください。

佐藤歯科クリニック
副院長 佐藤 美香氏

店舗情報

佐藤歯科クリニック

住所
熊本市中央区上通町7-10 上通パレス草人木2F
TEL
096-288-4184
店舗ホームページ
http://satodental-kumamoto.jp/
営業時間
診療時間/月~金曜 9時30分~12時30分・14時~18時30分、土曜 9時~12時30分・14時~17時30分
休業日
休診日/木・日曜、祝日
備考
予約制(予約優先)