耳鼻咽喉科編

日本気象協会から来春の花粉飛散予測が発表されました。花粉症には早めの対策が肝要です。治療のタイミングや方法などについて、専門家に詳しく聞きました。

─来春の花粉飛散予測は。

今夏の気温や日照時間などから、熊本の花粉飛散量は前シーズンの2倍になると予測されています。新型コロナウイルスによる行動制限が徐々に緩和される中、外出する機会も増えることでしょう。前シーズンは花粉症によるアレルギー症状が軽かったという人も、より一層、早めの対策が必要です。

─対策のタイミングは。

例年、スギ花粉の飛散が始まるのは2月10日前後、ヒノキ花粉は3月上旬ごろといわれています。昨年、花粉症のアレルギー症状が出た人は、飛散する前に症状に合った内服薬を飲むことで、発症時期を遅らせる他、花粉飛散ピーク時の症状緩和、飛散収束より早く症状を治めることなどが期待できます。アレルギー症状がまだ出ていない状態でも、花粉症の場合、国が予防的治療にも保険適用をしているので、気軽に専門医へ相談してください。

─他にできる治療はありますか。

今は、スギ花粉によるアレルギーの根治が望める「舌下免疫治療」(保険適用)やレーザー治療もあります。舌下免疫治療は、3年間続ける必要がある上に、花粉の飛散シーズンの3カ月前から始めなければ効果を期待できません。今ならまだ間に合うので、希望する人は早めに治療を始めましょう。またレーザー治療も効果が出るまでに2~4週間はかかるので、スギ花粉によるアレルギー症状がある人は、遅くとも1月初旬までの治療をお勧めします。

なかの耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック 理事長・医師 中野 幸治氏

なかの耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック
理事長・医師 中野 幸治氏

店舗情報

医療法人幸会 なかの耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック

住所
熊本市南区田迎4-9-41
TEL
096-370-6000
店舗ホームページ
http://www.nakano-clinic.net/
営業時間
月~金曜 9:00~13:00・15:00~18:30、土曜 9:00~13:00・14:00~16:00
休業日
木曜午後(手術)、日曜、祝日