眼科編

糖尿病になると発症しやすい目の合併症が糖尿病網膜症です。怖いのは自覚症状なしに病気が進み、重症化すること。専門医に対処法を聞きました。

─発生原因を教えてください。

糖尿病の患者さんの血液は糖が多く固まりやすいため、網膜の毛細血管がよく詰まります。そうすると網膜に必要な酸素や栄養素が不足し、それらを取り込もうとして新生血管が発生しますが、もろくて破れやすいのが特徴。最終的には破裂して出血し、網膜剝離や緑内障などを引き起こすというわけです。

─症状が出にくい病気といわれますが、発病は察知できますか。

糖尿病網膜症の怖さは自覚症状がなく進行しやすいこと。痛みをほぼ感じず、発病に気付かないまま罹患する方が多いです。重症化すれば、血管新生緑内障などで失明に至ることもあります。一方で手術や薬物療法が進歩し、長らく失明原因の2位でしたが、現在は3位となっています。

─どのような治療がありますか。

初期段階では血糖値を低下させる血糖コントロールを行います。進行していればレーザー治療で網膜の新生血管の発生を防ぎますが、その目的は進行阻止であり、視力が回復するわけではありません。硝子体出血や網膜剝離の場合は硝子体手術が必要となり、出血の吸引や剝がれた網膜の復元などを行います。

─糖尿病網膜症にかかった人へ、アドバイスを。

以前より失明リスクが低下したとはいえ、進行すれば視力は衰えます。特に、年齢にかかわらず困るのは運転免許の更新でしょう。とにかく糖尿病と診断されたら、すぐに眼科を受診し眼底検査を受けてください。まずは網膜症のあるなしを調べ、罹患していたとしても今なら適切な治療を受けられます。

岩上眼科 院長 岩上 英一氏

店舗情報

岩上眼科

住所
菊池郡大津町大津1212-29
TEL
096-293-2053
店舗ホームページ
http://www.iwagami-ganka.com/
営業時間
診療時間/9時~12時、14時~18時(木曜午後休診)
休業日
休診日/日曜・祝日、火曜(手術日)
FAX
096-293-2350
備考
※日帰り白内障手術可能