メディカルインタビュー 皮膚科編

体に赤い膨らみ(膨疹)が現れ、強いかゆみに襲われる「じんましん」。よく耳にする病気ですが、突然症状が現れるため、不安に駆られる患者さんが多いそうです。原因と治療法について専門医に聞きました。

なぜ、じんましんは起こるのですか?

丸尾 何らかの刺激で皮膚の肥満細胞からヒスタミン(化学伝達物質)が分泌されると、それが血管に作用して拡張させ、体に赤みや膨疹が現れます。同時に神経にも作用し、強いかゆみを引き起こします。膨疹はいつの間にか消えますが、再び別の場所に現れ、これを繰り返します。多くの方は数時間~24時間で治まります。このように症状の続く期間が1カ月以内の場合を、「急性じんましん」といいます。それ以上続くときは「慢性じんましん」と呼び、膨疹が全身に出るなど、症状が悪化するケースが多く見られます。

食べ物や薬が原因だとよく聞きますが…。

丸尾 じんましんは、4~5人に1人の割合で一度はかかるといわれるほど一般的な皮膚病ですが、実は患者さんの7割以上は刺激を起こす原因が分かっていません。原因不明で自発的に症状が現れるものを、「特発性じんましん」といいます。残りは、特定の食べ物(魚介類など)や薬(風邪薬や鎮痛剤)で引き起こされるじんましん、寒い所に行くと症状が出る「寒冷じんましん」など、原因が明らかなものに分けられます。

まるお皮ふ科 院長 丸尾 圭志氏 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医

治療法について教えてください。

丸尾 急性・慢性のいずれの場合も、抗ヒスタミン薬を服用し、ヒスタミンの分泌を抑制します。効果には個人差がありますが、通常、急性の方は数日で、慢性の方は1~2カ月で症状が治まります。症状が出たら早めに専門医を受診し、指導に沿って服薬してください。症状がなくなった後も飲み続けることが重要なので、自己判断はやめましょう。根気よく治療を続けなければなりませんが、原因不明だからといって過度な心配はいりません。また、ストレスを抱えたり、免疫力が低下していたりすると悪化しやすいため、穏やかな規則正しい生活を心掛けてください。かゆみが我慢できないときは、患部を冷水などで冷やすと軽減されますよ(「寒冷じんましん」を除く)。

大腿(だいたい)部に赤く盛り上がった膨疹が見られます

店舗情報

まるお皮ふ科

住所
上益城郡益城町広崎字花立1038-1
TEL
096-237-7592
営業時間
9時~13時、14時半~18時(土曜は16時まで)
休業日
木曜午後、日曜、祝日