メディカルインタビュー 美容外科編

徐々に冷え込んでくるこれからの季節は、肌が乾燥しがち。「クリスマスなどのイベント前なのに、肌が荒れてきた」「顔のたるみが気になる…」と悩む人は増えるそうです。治療法について話を聞きました。

肌荒れや顔のたるみの原因とは。

長島 原因の一つとして、乾燥が挙げられます。肌が乾燥すると肌表面の抵抗力が弱まるため、ターンオーバーが乱れ、ニキビなどの肌荒れを起こしてしまいます。また、内側の水分量が少なくなり、ハリが失われることでたるむので、冬は特に注意が必要です。

治療法を教えてください。

長島 窒素ガスをプラズマ(イオン化した気体)状にして皮膚に照射します。真皮層に熱を加えることによってコラーゲンやエラスチンの産生、肌のターンオーバーが促進され、肌全体のきめが整います。炎症しているニキビや肝斑(かんぱん)、毛穴の黒ずみなど肌トラブルの改善が期待できますよ。照射後は経皮吸収能力が高まるので、薬剤や美容成分を効率的に浸透させることもできます。

顔のたるみも気になります。

長島 切る治療法と切らない治療法があり、切らない場合はHIFU(超音波)を使ったり、糸を使ったりして治療します。糸を使ったフェースリフト治療では、皮膚の中で溶けるよう特殊加工されたものを使って、額・頬・首など、気になるフェースラインのたるみを引き上げていきます。糸にはコラーゲンや成長因子が含まれているものもあり、皮膚内に挿入することで組織に刺激を与えるとともに、コラーゲンの生成を活性化させます。たるみやシワが改善されるほか、皮膚そのものに弾力が生まれ、ツヤも出てきます。施術後の腫れは少なく、傷痕も目立ちません。詳細は専門医にお尋ねを。

ながしまクリニック 理事長 長島 秀幸氏

店舗情報

ながしまクリニック

住所
熊本市中央区安政町5-6 SKYビル4F・5F
TEL
096-321-6886(予約制)
店舗ホームページ
http://nagashimaclinic.net/
営業時間
診療時間/10時~19時(最終受け付け18時)
休業日
休診/不定