メディカルインタビュー 美容皮膚科編

本格的な春が到来。肌の露出が増えることで「ムダ毛の手入れが面倒」、新生活を期に「顔のシミや肝斑をどうにかしたい」などと考える人は少なくないようです。それぞれの治療法について聞きました。

―脱毛について教えてください。

山尾 蓄熱式ダイオードレーザーを使う治療法があります。毛根のメラニン色素に向けて高出力のエネルギーを照射する従来の脱毛機器とは違って、広範囲に低エネルギーを連続照射していきます。これにより、毛包という組織を破壊して脱毛します。施術時間が短く、痛みも少なくて済むため、近年ではデリケートなVIOラインの脱毛を希望する人が増えてきました。

―肝斑の原因と治療法とは。

山尾 そもそも肝斑とは、頬骨や額、口の周りに左右対称にできる茶色の地図状のシミをいいます。主に紫外線の影響でできる通常のシミとは異なり、ホルモンバランスの乱れが原因とされています。専用のカーボンローション(微粒子の墨)を顔全体に塗ってレーザーを照射し、表皮を削ることで肝斑を薄くしていきます。皮膚の奥まで届く波長の長いレーザーを使うので、コラーゲンの生成が促され、肌に透明感が出ます。毛穴も引き締まります。数回の施術が必要ですが、薄いシミやそばかすにも有効です。また、ダウンタイム(回復期間)が短いのも特長です。

山尾 依子氏

ワイズ スキンケアクリニック 院長
山尾 依子氏

―濃いシミをすぐ取りたいときは。

山尾 1回の治療で十分な効果が期待できる、レーザー照射が適しています。この場合、外部からの刺激を受けないよう、治療後は施術箇所にテープを1週間ほど貼る必要があります。シミ治療は、ほかにもあります。ご自身の悩みや予定に合ったものを選ぶと良いでしょう。詳しくは専門医にご相談ください。

店舗情報

ワイズ スキンケアクリニック

住所
熊本市中央区手取本町11-1 テトリアくまもと銀染コアビル6階
TEL
0120-741-666
店舗ホームページ
http://www.ys-skin.com/
営業時間
9時~18時(完全予約制)
休業日
木曜、土・日曜、祝日は不定休