脇の汗の臭いや 胸のサイズの悩みには切らない治療も有効です

ーワキガ、多汗症の治療について教えてください。

山田 脇の汗の臭いは誰でも気になるものですが、特に臭いが強いのがワキガです。ワキガは、脇の下にあるアポクリン腺から出る汗が、皮膚にある細菌と混ざり分解するために起こります。一方、多汗症の原因となるのはエクリン腺です。体温の上昇にエクリン腺が過剰に反応して汗が多く出てしまうのです。ワキガ、多汗症の治療にもいろいろありますが、その一つが電磁波で汗腺を破壊するという方法です。治療時間は両脇で60分程度。効果は半永久的に持続します。ボトックス注射で発汗を抑えるという方法もあり、効果は半年程度です。

ー豊胸治療についてはいかがでしょう。

山田 外科手術を伴わない治療として、ヒアルロン酸の注入や、事前に吸引した患者さん自身の脂肪をバストに注入するという方法があります。ヒアルロン酸注入の場合、両方の胸でも治療時間は10分程度で、ダウンタイムもありません。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分ですので、注入後、半年から1年ほどかけて徐々に体内に吸収されていきます。ご自身の脂肪細胞を使う豊胸手術の場合は、注入前に不純物や古い細胞を取り除いた脂肪だけを注入するので、生着率が高いのが特徴です。いずれも、「谷間をつくる」「左右のアンバランスを整えたい」などの希望にも対応できます。他にもさまざまな治療法がありますので、カウンセリングにより自分に合った治療を受けることが大切です。まずは専門の医師にご相談ください。

共立美容外科熊本 山田 雅明 院長

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診察)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340