子どもの歯列矯正は歯並びの乱れの原因に着目した矯正治療が大切です

―子どもの歯並びが悪くなるのはなぜですか。

前田 主な原因の一つは、口呼吸です。口呼吸を続けると、舌が無意識のうちに前方や下方にずれ、上顎を成長させる力が弱まります。その結果、上顎が狭くなり、出っ歯や受け口、すきっ歯などになりやすくなります。また、口呼吸は歯列の乱れだけでなく、発音や飲み込みにも影響するほか、歯茎の炎症や虫歯のリスクも高まります。大人と同様、子どもも矯正治療が受けられますが、せっかく治療しても原因となる口呼吸が習慣化していると、治療前の歯並びに戻ってしまうことも考えられます。

―生活習慣の改善が大切ですね。

前田 はい。これからは矯正装置の使用と併せ、治療の一環として、子どもに正しい呼吸法や舌の位置、飲み込み方などを指導しなければなりません。歯並びや顎の発達に良い影響を与え、逆戻りしない正しい歯列へ導くことが大切だと考えています。

―何歳から治療可能ですか。

前田 治療を始める年齢は歯並びによって変わりますが、歯や顎の成長が終わる前だとより効果が出るため、6~8歳の間に治療するのをお勧めします。100種類以上あるマウスピースの中から歯科医師が一人一人に最適なマウスピースを選び、治療の進み具合によって種類や大きさを変更していきます(自由診療)。個人差はありますが、通常2年ほどで治療は終了します。思春期になると歯並びがコンプレックスにつながることもあるので、気になることがあれば早めに専門医にご相談ください。

前田 貴代江 副院長

店舗情報

熊本パール総合歯科クリニック 大江院

住所
熊本市中央区大江1-11-20
TEL
0120‐461‐166
店舗ホームページ
http://www.par-dc.jp/
営業時間
診療時間/月曜~土曜9時30分~12時30分、隔週日曜9時30分~12時30分・13時30分~17時30分
休業日
木曜、隔週日曜、祝日
備考
健軍院・宇土院もあり