メディカルインタビュー 婦人科編

「入浴後に膣からお湯が出る」「咳やくしゃみをすると尿が漏れる」など、女性特有の気になる症状に悩んでいる人は多いそうです。症状や治療法について聞きました。

膣の緩みが起きると、どうなるのでしょうか。

平井 骨盤の底にあるハンモック状の筋肉「骨盤底筋群」の力が弱くなると、膣や尿道が十分に締まらなくなります。妊娠・出産、加齢や運動不足、肥満によって、膣が緩むことが多く、「入浴後に膣からお湯が出る」などの症状が現れます。また、重い荷物を持ったり、くしゃみや咳をしたりしたときに尿漏れが起こりやすくなり、臭いが気になって外出を控えがちになる人もいます。

婦人科の受診をためらう人もいるそうですね。

平井 膣の緩み、尿漏れなどは、生活の質を低下させ、本人の大きなストレスとなりますが、羞恥(しゅうち)心から、ひとりで悩んでいる人が多いようです。さらに、婦人科の内診に対する不安も重なり、受診をためらう人もいらっしゃいます。しかし、婦人科だからといって必ずしも内診を行うわけではありません。受診をためらうことで症状が進行することのほうが心配です。

聖アンナレディスクリニック 院長 平井 伸幸氏

具体的な治療法は。

平井 従来、尿漏れの治療法は薬物療法が中心でした。最近は自由診療ではありますが、尿道周辺に高周波を当てて、コラーゲンの生成を促す治療が行われるようになりました。治療中の痛みや体への負担が少なく、尿道やデリケートゾーン全体が引き締められ、症状の改善に有効とされています。コラーゲンが増えることで膣内環境の正常化も期待されます。快適な生活を送るためにも、一歩を踏み出していただきたいですね。

店舗情報

聖アンナレディスクリニック

住所
熊本市中央区帯山4-2-82
TEL
096-381-9670
店舗ホームページ
http://www.st-anna.jp/
営業時間
診療時間/月~水・金・土曜 9時~12時、14時~19時(土曜は17時まで)、第2・4日曜9時~13時
休業日
休診/木曜、第1・3・5日曜、祝日