メディカルインタビュー 美容外科編

 汗ばむ夏。薄着になると脇からの臭いや汗のほか、バストサイズや脂肪など体形が気になる…という人も多いのでは。今回は切らずにできる「ワキガ・多汗症」「豊胸」「痩身」の各治療法について話を聞きました。

夏は特に脇の汗や臭いが気になります。切らずに治せますか。

 山田 ワキガや多汗症は、発汗を止める治療を行います。夏の間だけ症状が治まればいいという場合は、ボトックスを患部に注入します。注入自体は両脇で約10分で終了し、治療後は半年ほど効果が持続します。より長い効果の持続を求める場合は、電磁波を照射して汗腺を破壊する治療を行います。60分程度の治療で、半永久的な効果の持続が見込めます。いずれの治療法も、手足の多汗症や乳輪からのニオイにも有効です。

豊胸の切らない治療とは。

 山田 ヒアルロン酸や自分の脂肪をバストに注入する方法があります。どちらも体内に含まれる成分なので、拒否反応についてはあまり心配しなくてよいでしょう。どちらも注入量や注入箇所を細かく設定できるため、より希望に近いバストをつくることができます。ヒアルロン酸は注入後、半年から一年ほどかけて体内に吸収されていきますが、脂肪の場合は注入前に不純物や古い細胞を取り除くことで、生着率が高くなります。

二の腕だけ、下腹だけなど部分的に痩せたいのですが、可能ですか。

 山田 はい。痩身の治療の中には脂肪細胞を溶解する方法や脂肪細胞のみを冷凍して破壊する方法があります。いずれも治療後は老廃物として体外に排出されます。施術部位が選べるので、運動や食事療法では実現しにくい「部分痩せ」が可能です。個人の症状によって適した治療法が異なりますので、まずは専門医へ気軽にご相談ください。

山田雅明氏

共立美容外科熊本 院長
山田雅明氏

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診察)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340