メディカルインタビュー 歯科編

歯を喪失する原因で一番多いのは歯周病によるものです。歯を失うと、噛(か)み合わせの不具合から認知症の発症や転倒骨折の危険も高まるそう。歯周病のリスクや歯を喪失した際の治療法などについて聞きました。

─歯周病によって歯を喪失する人が多いそうですね。

坂口 40歳以上の約8割が、歯周病に罹患(りかん)しているといわれています。しかし、歯周病がさまざまな病気に関連していることは意外と知られていません。例えば、脳梗塞の発症リスクは10倍といわれます。また、動脈硬化や肺炎、糖尿病などを引き起こす危険性があるほか、骨粗しょう症、肥満の悪化、妊婦の場合は低体重児出産につながることもあります。近年の研究では、歯周病菌をコントロールできていると、唾液の中の免疫機能が正常に働き、インフルエンザなどにもかかりにくいという報告もあります。ということは、外出後の手洗いやうがいに、歯みがきをする習慣を加えると、さらに予防効果が高まるといえるでしょう。

─歯の残存数は脳の働きとも関係があると聞きます。

坂口 近年、歯の残存数と、転倒骨折や認知症発症のリスクとの関係についても研究が進んでいます。例えば歯が20本以上残っている人に比べ、歯がない人の認知症リスクは1・9倍、転倒骨折は2・5倍という数字が出ています。いかに自分の歯を失わずにいられるかで、将来的なQOL(生活の質)も変わってきます。歯の喪失を防ぐためにも、正しいケアの方法を習得するほか、定期的に検診を受けることをお勧めします。

─歯を失った場合、どのような治療法がありますか。

坂口 装着が煩わしくないインプラント(保険外)が一般的になってきましたが、体力や経済的負担などを総合的に考え、部分的な入れ歯とインプラントを組み合わせ、最大の効果を引き出す治療法が注目されています。この治療により、噛み合わせのバランスが良いハイブリッドな入れ歯が可能となりました。

坂口歯科医院 院長 坂口倫章氏

坂口歯科医院 院長 坂口倫章氏 日本歯周病学会認定 歯周病専門医

─噛み合わせを直すことで長引く体調不良が改善した人もいるそうですね。

坂口 よく噛めるようになることに加え、頭痛や腰痛など、全身症状が改善したという患者さんも多くおられます。私たち歯科医も、歯を治療するだけでなく、これまで以上に口腔内の環境を整えることの大切さと、その治療効果を患者さんに伝え、必要があれば専門的な機関につないでいく総合診療を進めていかなくてはなりません。新しい年は、定期的な検診を習慣化し、自分の歯の状態を知ることから始めてみてはいかがでしょう。

※2019年は1月5日(土)から診察

店舗情報

坂口歯科医院

住所
熊本市中央区国府1-1-2F(新水前寺駅前)
TEL
0120-8020-45
営業時間
月~土曜9時~13時、14時30分~18時※土曜午後は14時~17時
休業日
日曜・祝日、木曜午後