メディカルインタビュー 美容外科編

「体に大きなコンプレックスがあるけれど、体にメスを入れてまでは…」と治療をためらう人も少なくないのでは。外科手術を伴わない「豊胸」と「入れ墨(タトゥー)除去」の方法について、詳しく聞きました。

─なるべく体に負担を掛けずに豊胸をすることは可能ですか。

山田 はい、可能です。まず、バストにヒアルロン酸を注入する方法があります。体内に存在する成分なので、1~2年かけて吸収されます。また、下腹部や二の腕から採取した自分の脂肪を注入することもできます。注入前に脂肪の不純物や古い細胞を取り除いておくと、生着率が高まります。どちらも、注入する量や箇所を細かく設定することができるので、「谷間をつくりたい」「授乳後にしぼんでしまった部分にハリが欲しい」などの要望にも対応できます。このようにメスを使わず、注射やレーザーを用いることを“切らない治療”と呼んでいます。

─入れ墨を除去したい場合は。

山田 入れ墨はレーザーで色素を破壊し、徐々に色素を薄くしていきます。治療は2~3カ月に1度行い、2~5回ほどでかなり薄くなります。アートメーク(眉の入れ墨)も治療できますが、レーザーで消せるのは黒・赤・青・茶の4色のみです。ここ数年、「若い頃にファッション感覚で入れたタトゥーを消したい」といった相談が増えています。

─手術せずに治療できるのですね。

山田 はい。“切らない治療”は、体のダウンタイム(回復期間)が短くて済み、傷痕も残りにくいのが特長です。さらに、通院のみでの治療が可能なので、日常生活への影響も比較的少ないです。治療法は個人の症状によって異なるので、悩んでいる方は、まず専門医のカウンセリングを受けましょう。

共立美容外科熊本 院長 山田 雅明氏

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診療)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340