メディカルインタビュー 美容外科編

日差しが増してくる春は、「ワキガ・多汗症」の症状や「シミ・シワ・たるみ」が、普段以上に気になる人も多いのでは。ここ数年、これらの治療に多く用いられているという“切らない治療”について詳しく聞きました。

─“切らない治療”とは。

山田 主に注射やレーザーを用いる治療のことです。切開することがないため、体への負担が少ないのが特長で、ダウンタイム(回復期間)も短くて済みます。また、入院する必要もなく、すぐに日常生活に戻ることが可能です。このように心身の負担を軽減できるので、現在は多くの方に選ばれています。

─「ワキガ・多汗症」の治療について教えてください。

山田 半永久的な効果を求めるなら、レーザーが有効です。脇などに照射し、汗腺自体を破壊します。汗腺が機能しなくなっても、発汗量は体全体でコントロールしているため問題ありません。施術時間は両脇で約60分。施術中の痛みは麻酔で軽減できます。一時的に症状を抑えたい方は、ボトックス注射が適しています。施術は両脇だと10分ほどで、効果は約半年間。いずれも、手足の多汗症や乳輪のニオイにも有効です。

─「シミ・シワ・たるみ」の場合は。

山田 シミは、原因となるメラニン色素にレーザーを照射して薄くします。肝斑の場合はかえって濃くなってしまうため、正確な診断が必要です。シワには、ちりめんジワや表情ジワなどの状態に合わせて、ヒアルロン酸を注入してシワの溝を押し上げる、ボトックス注射で表情筋の動きを一時的に抑える、などの方法があります。また、たるみは超音波で改善できます。肌の筋層を刺激し、たるんだ皮膚を内側から持ち上げます。まずは専門医と相談し、症状に合った治療法を選択してください。

共立美容外科熊本 院長 山田 雅明氏

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診察)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340