メディカルインタビュー 産婦人科編

分娩の痛みが怖くて出産をためらっている方にとっては、大きな助けになる「無痛分娩」。無痛という言葉から、痛みがなく出産できるイメージが ありますが、無痛分娩は本当に痛くないのか、専門医に詳しく聞きました。

─無痛分娩とは。

蓮田 麻酔や鎮痛剤を使用して陣痛の痛みを和らげながら行う分娩法です。無痛分娩で最もよく用いられているのが硬膜外麻酔です。これは、腰や背中に細いチューブを挿入し、そのチューブに麻酔薬を注入する麻酔法です。麻酔薬を注入すると、5~10分で陣痛が和らぎ始めます。下半身の感覚は鈍くなってきますが、上半身の感覚は普通ですし、意識もはっきりしています。

─全く痛みがなくなるのですか。

蓮田 「無痛」の言葉から、そのようにご質問を頂きます。実は無痛分娩では痛い時間帯が発生します。無痛分娩では、麻酔チューブが挿入されると試験的に麻酔薬を注入します。その後30分~1時間くらいは痛みがありませんが、麻酔が切れてくると痛みの感覚が戻ってきます。産婦さんが「痛くなってきたので麻酔薬を追加してください」とおっしゃれば、それに応じて麻酔薬を追加します。すると、その10分後くらいに再び痛みが和らいできます。無痛分娩ではこれらを繰り返しながら赤ちゃんが出てくるのを待つのです。

─全く痛くない状態にもできますか。

蓮田 麻酔薬の量を多くすれば、全く痛くない状態を作ることも可能です。しかし、その結果、陣痛が弱くなって赤ちゃんを押し出す力が不足するため、麻酔薬が多い状態では、なかなか分娩が進行しません。ですから、無痛分娩では、分娩の進行を妨げずに、かつ痛みのストレスが強くならない麻酔薬の調節が重要です。

─経産婦と初産婦で違いはありますか。

蓮田 経産婦さんでは麻酔薬を多めに使っても分娩が比較的順調に進みます。その結果、「1回目は自然分娩だったけれど、その時とは全然違って痛みが楽だった」という感想を多く頂きます。その一方で、初産婦さんの場合は麻酔薬を多めに使ってしまうとお産が滞ります。それは、初産婦さんの子宮や腟は経産婦さんに比べ、硬くて抵抗があって赤ちゃんが出にくいからです。「無痛分娩なのに痛かった」という感想が多いのが初産婦さんです。それでも自然分娩に比べれば痛みが軽いのは間違いありません。無痛分娩を受けるに当たっては、「こんなはずではなかった」ということにならないように、事前に説明会に参加されるなどして、理解を深めていただくのがよいと思います。

慈恵病院 副院長 蓮田 健氏 九州大学医学部卒業。九州大学付属病院、国立病院九州医療センターなどで産婦人科勤務

店舗情報

医療法人 聖粒会 慈恵病院

住所
熊本市西区島崎6-1-27
TEL
096-355-6131
診療科目
・内科 ・糖尿病、代謝内科 ・内分泌内科 ・消火器内科 ・小児科 ・麻酔科(志茂田治医師) ・産婦人科(産科・婦人科・乳腺外科)
診療時間/産婦人科
月~金曜/9時~12時・13時30分~19時(木曜は午前中のみ)、 土曜/9時~12時・13時30分~17時 ※産婦人科の急患の方は、いつでもご相談ください。
診療時間/内科・小児科(小児科は水曜日のみ予約制)
月~土曜/9時~12時・13時30分~17時(木曜は午前中のみ)
診療時間/麻酔科
金曜/13時30分~17時
面会時間
平日14時~20時、日曜・祝日10時~20時
備考
※麻酔科および妊婦検診は予約制です。 ※手術や分娩によっては診療時間が変更になる場合があります