メディカルインタビュー 耳鼻咽喉科編

ブタクサなどの花粉やハウスダストによるアレルギー症状に悩む人が増えているそうです。治療法について聞きました。

─秋も花粉に悩む人が多いと聞きます。

杉野 一般的に花粉症と聞くと、スギやヒノキの花粉によって春に多く発症するものというイメージが強いと思いますが、今の季節はブタクサやヨモギなど雑草によるアレルギー症状に悩む人が大変多くなります。喉がイガイガするほか、鼻水や目のかゆみ、咳など、人によって症状もさまざまです。風邪で同じ症状が現れる人も多いので、アレルギーによるものなのか、風邪からの症状なのか、しっかり検査し適切な治療をすることが大切です。

─ダニのアレルギーもこの季節に増えるそうですね。

杉野 夏に繁殖していたダニは約3カ月で活動を終え死んでしまいます。その死骸やフンなどが多くなるのがこの季節で、寝具やカーペットに蓄積されたものを吸い込むことでアレルギーを発症します。

─舌下免疫療法やレーザーなど治療法もいろいろあるとか。

杉野 舌に薬を滴下するだけの舌下免疫療法は家庭でできる治療として多くの人が始められています。しかもスギ花粉やダニによるアレルギーに関しては、1年~3年の継続治療で根治できる可能性が高まります。レーザー治療などもあり治療の選択肢が増えているので、専門の医院に相談してみるといいですね。一年を通して何らかのアレルギーに悩まされているという人がとても多いです。採血により1週間程度でアレルギーの原因が分かる検査もありますので、QOL(生活の質)の向上のためにも、検査を受けてみることをお勧めします。

田崎橋耳鼻咽喉科クリニック 院長 杉野 赳浩氏

店舗情報

店舗情報