メディカルインタビュー 耳鼻咽喉科編

投薬治療やレーザー治療に加え、舌下免疫治療など、花粉症治療の選択肢が増えています。来春の花粉の飛散予測や治療法の違いについて聞きました。

─来春の花粉の飛散予測が出ているそうですね。

中野 毎年気象庁などから発表されていますが、来春は今年より少なめといわれています。しかし、これはあくまでも予測ですので、油断は禁物です。既に発症している人は早めに内服薬を飲むなどの対策が必要です。今は、スギ花粉によるアレルギーの根治が望める「舌下免疫治療」(保険適用)やレーザー治療もあります。舌下免疫治療は、花粉の飛散シーズンの3カ月前から始めないと効果が期待できません。希望する人は年内に治療を始めましょう。

─「舌下免疫治療」とは。

中野 スギ花粉を含む錠剤を1日1回、舌の下に置いて、1分待って飲み込むという簡単な治療です。ただ、効果がすぐに表れても、アレルギーの原因物質を体に慣れさせるためには、最低3年は継続が必要です。とても根気のいる治療ですが、根治を目指している人にとっては満足度の高い治療法といえます。①自宅で服用できる②注射の痛みがなく、副作用が少ない③保険が適用される︱などのメリットがあります。ただ、ぜんそくを発病している人や妊婦などは治療ができないこともあります。

─最近は火山灰や季節外れの黄砂に悩む人も多いとか。

中野 花粉だけでなく、何らかのアレルギーがある人は、火山灰や黄砂に敏感に反応し、咳や鼻水が止まらないことがあります。少しでも気になる症状がある人は、きちんと検査し原因を知ることが大切です。日常生活でもアレルゲンを取り入れない工夫をするなど、予防もできるはずです。

なかの耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック 理事長・医師 中野 幸治氏

店舗情報

医療法人幸会 なかの耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック

住所
熊本市南区田迎4-9-41
TEL
096-370-6000
店舗ホームページ
http://www.nakano-clinic.net/
営業時間
月~金曜 9:00~13:00・15:00~18:30、土曜 9:00~13:00・14:00~16:00
休業日
木曜午後(手術)、日曜、祝日