メディカルインタビュー 入れ歯治療編

入れ歯の不具合で悩んでいる人は意外に多いそうです。入れ歯は毎日、長時間取り付けるものだから、できるだけ快適に使いたいもの。そこで、不具合の原因や治療法、義歯の種類について話を聞きました。

─どんな歯の状態になると、入れ歯が必要ですか。

成瀬 歯が並んで2本以上抜けると、部分入れ歯の必要性が高まります。力を受け止めている、または支点になっている歯が抜けてしまうと、支点がほかの歯に移るなど負担が掛かります。入れ歯は「噛む」機能の回復だけでなく、残った歯の負担軽減にもつながります。

─入れ歯で悩んでいる人が多いと聞きました。

成瀬 女性や若い人は、見た目で悩まれる場合が多いですね。部分入れ歯には一般的に、自分の歯に固定するための金属のバネが付いており、口を開けたときに見えてしまうことがあります。また高齢になると、「痛い」「噛みにくい」「外れやすい」といった不具合が増えてきます。金属が歯ぐきに当たって痛みを感じたり、ほかの痛くない歯、使える歯で無理に噛もうとして本来の正しい位置で噛めなくなったりします。患者さんから「最初に作った入れ歯が一番良かった」と言われることがありますが、それは噛み合わせのずれが主な原因です。

─治療方法を教えてください。

成瀬 見た目の問題を改善し、口中の不具合を減らす入れ歯としては「ノンクラスプ義歯」「アタッチメント義歯」などが挙げられます。ノンクラスプ義歯は金具がなく、ピンク色の樹脂製の義歯床を自分の歯に引っ掛けて固定するタイプで、「入れ歯の金属が見えない方がいい」という人に向いています。アタッチメント義歯は、自分の歯に特殊な装置を取り付け、その上から義歯を被せるので、外れにくいという特長があります。そのほか、「インプラント義歯」という方法があります(いずれも保険適用外)。インプラント義歯は、歯が抜けてしまった顎の骨に金属のインプラント体を埋め込み、義歯を取り付けます。固定されているので安定性が高く、残っている歯への負担が少ない治療法の一つです。一方で治療期間が長く、治療費が高額になるという側面もあります。いずれも、入れ歯を付けるだけではなく「本来の正しい位置で噛む」ことが必要。噛み合わせが悪い方については、正しく噛めるよう矯正治療を行う場合もあります。

─最後にアドバイスを。

成瀬 最も大切なのは、よく歯を磨くことと、虫歯にならないよう定期的に予防治療を受けることです。入れ歯が合わないまま我慢を続けていると、ほかの歯にも悪い影響が出てしまいますので、早めに専門医にご相談ください。

さくらのもり歯科医院 院長 成瀬 公彦氏

店舗情報

さくらのもり歯科医院

住所
熊本市東区小山2-13-45
TEL
096-388-0880
営業時間
9時〜13時、14時30分〜19時30分
休業日
水曜、土曜(午後)、日曜、祝日