メディカルインタビュー 耳鼻咽喉科編

花粉症の人にとっては、これから春に向けてつらい時季がやってきます。症状を悪化させないためにできることを専門の医師に聞きました。

─今春の花粉の飛散時期はいつ頃でしょうか。

杉野 スギ花粉が飛散し始めるのは2月中旬ごろという予報が出ています。飛散量は、前年夏の気象条件などが影響するといわれていますが、今春は例年より少なめと予想されています。しかしこれはあくまでも予想ですので、一度発症している人は、飛散が予想される1~2週間前から、予防的に抗アレルギー剤を服用することをお勧めします。また以前は、花粉症は大人だけに発症する疾患と思われていましたが、近年は低年齢化しており、就学前の幼児にも多く見られます。

─小さいお子さんが発症すると、学業にも影響がありそうですね。

杉野 花粉症は、鼻水、鼻づまり、目・皮膚のかゆみなどが主な症状となります。夜に鼻づまりで眠れず、学校で眠気が出てしまい授業に集中できないなど、生活の質(QOL)が低下してしまうということも多いようです。今は市販薬も多くありますので、一時的に服用されている人もいるかもしれません。しかし場合によっては症状を悪化させてしまうこともありますので、専門の医師の診断を受けて、症状に合った薬を選んでもらいましょう。

─花粉症の薬は眠たくなるというイメージですが。

杉野 今はさまざまな薬が開発され、眠気の少ない薬も多数あります。適切な診断を受け、自分の症状や体質に合う薬を早めに処方してもらうことが大切です。これから春まで本格的な受験シーズンを迎えます。発症歴のある受験生は、早めに専門の医師に相談してください。

田崎橋耳鼻咽喉科クリニック 院長 杉野 赳浩氏

店舗情報

田崎耳鼻咽喉科クリニック

住所
熊本市西区田崎2-1-66
TEL
096-354-1133
営業時間
平日:9:30~13:00、15:00~18:00   土曜:9:30~12:30、14:00~16:00
休業日
火曜(午後)、日曜、祝日