メディカルインタビュー歯科編

豊かな老後を過ごすためには、オーラルフレイル(口腔機能の衰え)に着目した適切な歯科治療が重要といわれ、高齢者向けのインプラントを応用した入れ歯治療もあるそうです。専門の歯科医に詳しく話を聞きました。

─健康寿命を延ばすには、口腔環境を整えることが有効と聞きます。

坂口 長寿国といわれる日本は、男性の平均寿命が80・9歳、女性は87・1歳に延びています(厚労省「平成28年簡易生命表」。しかし健康に過ごせる健康寿命は、男性が72・1歳、女性は74・7歳です。すなわち男性は約8年、女性は約12年何らかの疾患で、健康に過ごせない期間があるということです。健康寿命を延ばすには、おいしく食事が取れることはもちろん、歯周病や欠歯がもたらすリスクを知り、若い時期から定期的に受診し、口腔環境を整える予防に力を入れておく必要があります。

─口の中の環境が整わないと、食事も苦痛になってしまいますね。

坂口 高齢になり歯が抜けてしまうと、物をかめなくなるだけでなく、かみ合わせや嚥下(えんげ)機能の低下などを招く危険性があります。また転倒による骨折や認知症発症のリスクも高まります。そこで近年、特に高齢者向けの治療法として注目されているのが、部分入れ歯とインプラントを組み合わせる方法です。数本のインプラントを部分入れ歯の補助装置として使用することで、健康な歯に負担を掛けずに入れ歯を安定させ、歯茎の痛みも軽減されます。全てをインプラントにすると自費診療となるため経済的にも体力的にも負担が増します。取り外し式ですので、介護状態になってもケアしやすいのが特長です。「口の健康=体の健康」と位置付け、生涯元気に暮らすための準備策として歯科医にご相談ください。

坂口歯科医院 院長 坂口 倫章氏

店舗情報

坂口歯科医院

住所
熊本市中央区国府1-1-2F(新水前寺駅前)
TEL
0120-8020-45
営業時間
月~土曜9時~13時、14時30分~18時※土曜午後は14時~17時
休業日
日曜・祝日、木曜午後