メディカルインタビュー 美容外科編

進学や就職・転勤などで新しい出会いが増える春。この時季はリフレッシュ休暇などを利用して、顔のたるみや一重、だんご鼻といった容姿の悩みを解消する人が多くなるそう。それぞれの治療法について聞きました。

─顔のたるみが気になります。

長島 切る治療法と切らない治療法があり、切らない場合はHIFU(超音波)を使ったり、糸を使ったりして治療します。糸を使ったフェースリフト治療では、皮膚の中で溶けるよう特殊加工されたものを使って、額・頬・首など、気になるフェースラインのたるみを引き上げていきます。糸にはコラーゲンや成長因子が含まれているものもあり、皮膚内に挿入することで組織に刺激を与えるとともに、コラーゲンの生成を活性化させます。たるみやシワが改善されるほか、皮膚そのものに弾力が生まれ、ツヤも出てきます。施術後の腫れは少なく、傷痕も目立ちません。

─一重まぶたを二重まぶたにする施術について教えてください。

長島 まぶたを糸で縫い付けて二重にする埋没法があります。通常、まぶたを3点留めするのですが、その人の骨格、皮膚や脂肪の付き方などによっては、縫い付ける場所の点数や治療法を変える必要もあります。

─鼻の形を整える方法もいろいろあるそうですね。

長島 はい。例えばだんご鼻が気になる場合、まず、鼻の穴の縁に数ミリの切り込みを入れます。鼻柱(鼻の穴の間にある軟骨部分)の余分な脂肪を取り除き、左右の軟骨を縫合してシャープな鼻を形成します。鼻の穴を小さくしたいときは、鼻の穴や鼻翼(鼻の両側の膨らみ)の一部を切り取ります。このほか、切らない方法や鼻筋を高くする方法もあります。詳しくは専門医にお尋ねを。

ながしまクリニック 理事長・医師 長島 秀幸氏

店舗情報

ながしまクリニック

住所
熊本市中央区安政町5-6 SKYビル4F・5F
TEL
096-321-6886(予約優先)
店舗ホームページ
https://nagashimaclinic.net/
営業時間
診療時間/10時~19時(最終受け付け18時)
休業日
休診/不定休(日曜診療あり)