まわたり眼科形成外科クリニック

上まぶたの皮膚のたるみが原因 「上眼瞼皮膚弛緩症(じょうがんけんひふしかんしょう)」は、 手術で機能と見た目を改善

─「上眼瞼皮膚弛緩症」について教えてください。

馬渡 上まぶたが下がった状態を眼瞼下垂(がんけんかすい)と言いますが、その中で、上まぶたを上げる筋力はあっても皮膚がたるむことで上まぶたが下がってしまう症状が「上眼瞼皮膚弛緩症」です。加齢によりまぶたが下がることは自然なことで、個人差はありますが、誰にでも生じます。上まぶたが黒目(瞳孔)にかかると視界が悪くなり、日常生活に不便を来たすほか、おでこの筋肉の力で過剰にまぶたを上げようとするため眼精疲労を起こしやすくなります。また、上まぶたのたるみのせいで疲れた顔に見える、老け顔に見られるといった悩みをお持ちの方も多いようです。

─どのような治療法がありますか。

馬渡 皮膚のたるみが原因で起こる症状なので、たるみを切除することで、視野の確保や見た目の改善、目の周りの疲れの軽減につながります。上まぶたを切開し、たるんだ皮膚を切除する手術時間は、片眼15分程度、両眼でも30分ほどで終了し、保険適用されます。

─仕上がりの見た目が気になります。

馬渡 当院では開業後、月間70~90眼の眼瞼手術を行っており、左右のバランスを整えるなど自然な仕上がりを心掛けています。特に、目頭の皮膚が眼球に覆いかぶさる内眼角贅皮(ないがんかくぜいひ)の症状が強い場合は、内眼角形成術(目頭切開)の併用や、重たいまぶたの場合は脂肪除去も可能です。眼瞼下垂、逆さまつげ、まぶたのできものなども当院では保険適用です。まぶたの不調は、気軽にご相談ください。

馬渡 祐記 院長

店舗情報

まわたり眼科形成外科クリニック

住所
〒860‐0844 中央区水道町8‐2 秀匠苑ビル3F
TEL
096-273-7571
店舗ホームページ
https://mawatari-clinic.jp/
営業時間
月~金曜 9時~13時、14時~18時、第1・3土曜 9時~13時、第4土曜 9時~12時(完全予約制)
休業日
木曜、第2土曜、日曜、祝日