子どもの歯を守りたい 教えて!歯医者さん

歯は一生のパートナー。小さいうちから歯や口の健康を保つためには何に気をつければいいの? パパやママから寄せられた幼少期の歯にまつわる素朴な疑問について、ホワイト歯科の中西正光先生に伺いました。


Q.1 おしゃぶりは歯に良くないの?

A.

おしゃぶりは「吸うこと」に特化した口の動きをするため、かむ力が発達せず、食べ物をかまずに飲み込む癖がついてしまいます。胃腸に負担をかけるだけでなく、歯並びにも影響し、出っ歯になってしまうお子さんが多くいます。3歳までに卒業させるのが望ましいでしょう。


Q.2 顔をぶつけた拍子に歯がグラグラにどう対応すれば…

A.

歯の細胞が死んでしまう前に、安静を保ち、できる限り早めに歯科医を受診してください。一部が欠けた状態なら欠損部分を修復する処置が必要です。仮に、歯を支える歯根ごと抜けた場合、歯根の細胞を乾燥させないことがポイントです。家でできる応急処置として、牛乳の中に抜けた歯を入れて保存し、急いで受診しましょう。


Q.3 フッ素ケアはいつから始めるといい?

A.

進行した虫歯は治療が必要ですが、初期の虫歯なら自ら修復(再石灰化)することができます。この働きを助けるのがフッ素ケア。歯が生え始めた赤ちゃんから年配の方まで有効です。定期的なフッ素塗布に加え、フッ素が配合された歯磨き粉やガムの併用もおすすめします。


Q.4 お口の健康状態を保つため乳児期から気をつけることは

A.

離乳食期の「かむ力」はとても大切で、顎や脳の発達に影響を与えます。この時期に、かむ力が育まれないと歯並びや口呼吸、発音など、さまざまな機能に影響が出るといわれています。歯の成長は個人差があるので、離乳食は月齢に左右されず「きちんとかんで食べられるかどうか」を意識しましょう。


POINT

歯が生え始めたら定期検診に行こう

熊本市内の歯科医院では、「子ども医療費受給資格者証」(ひまわりカード)と健康保険証を提示すると4歳までの受診が無料になります。虫歯予防のため、小さいうちから歯科での「虫歯をつくらないためのケア」を定期的に行いましょう。


教えてくれたのは

ホワイト歯科 理事・歯科医師
中西正光さん

「予防に勝る治療なし」。幼少期から歯の定期検診を習慣にしましょう。