一緒に作って楽しもう 子どもとキャンプ飯

今年7月、カフェの敷地内に親子向けのキャンプ場をオープンしたママトコキッチン。シェフの佐藤大地さんに、子どもでも挑戦しやすいキャンプ料理を教えてもらいました。


子どもとキャンプ飯を楽しむ3つのポイント

1.苦手な食材にもチャレンジ 準備から楽しもう

苦手な食材も外で食べるとおいしく感じる場合があります。買い物や下準備から子どもと取り掛かり、食に対する関心につなげましょう。

2.子どもの出番を意識して手軽さを重視しよう

凝った料理でなくても、子ども自身が調理に関わるだけで、特別な一品に。子どもの出番を意識して、手軽な料理メニューを考えましょう。

3.取り入れよう!野外ならではの調理法

バーベキューで野菜を丸ごと焼くなど、屋内ではできない調理法にチャレンジしてみて。また、この機会に火の危険性を伝えて説明を。


はじめに…

バーベキュー台に火をおこし、火が強いうちに竹ご飯作りを始めましょう
火のある所には必ず大人がいるようにしましょう

竹ご飯

詳しいレシピはこちら

子どもChallenge!

◎お米をといでみよう⇒ザルを使うとお米をこぼしにくいよ。
◎竹ご飯を火にかける時、竹の下にアルミホイルを敷こう⇒竹がコロコロ動きにくくなります。
◎炊けたご飯を混ぜてみよう⇒ふたが熱いので要注意。トングなどでつかもう。


パンプキンハニー

詳しいレシピはこちら

子どもChallenge!

◎カボチャをくりぬこう⇒スプーンを使って種を取ると簡単!
◎くりぬいたカボチャをアルミホイルで包んでみよう⇒焦げの原因になるので、ハチミツがこぼれないように注意して。


教えてくれたのは

ママトコキッチン
佐藤 大地さん

やけどしないように必ず大人が見守りましょう。