VOL.468[知る・学ぶ]

親子で 学ぶ SDGs(1)

「SDGs」という言葉をよく耳にしますが、大人でも理解できていない人が多いのでは。そのエッセンスを学べる絵本を紹介します。親子で楽しみながらSDGsを学びましょう。


SDGs(持続可能な開発目標)って?

世界の国々が一緒になって「貧困」「環境破壊」「資源不足」などの課題に対し、環境保全と経済発展の両立(=持続可能)を目指す取り組みで、17の目標があります。


動物の生態から学ぶジェンダー

タンタンタンゴはパパふたり

作:ジャスティン・リチャードソン、ピーター・パーネル
絵:ヘンリー・コール 訳:尾辻 かな子 、前田 和男
ポット出版 1650円

アメリカの動物園のペンギン家族の実話を基に描かれています。子どもに説明が難しいジェンダーのテーマを、動物をモデルにごく自然に伝えられます。

対象年齢:3歳〜


平和の大切さを静かに訴える

ぼくがラーメンたべてるとき

作・絵:長谷川義史 教育画劇 1430円

ぼくがラーメンたべてるとき、同世代の子どもは何をしているのかー。平和について考えるためのエッセンスが詰められた一冊です。

対象年齢:3・4歳~


水の大切さを再確認

しずくのぼうけん

作:マリア・テルリコフスカ、絵:ボフダン・ブテンコ
訳:うちだ りさこ 福音館書店 990円

難しい水の循環の仕組みを、「しずく」が冒険するストーリーを追ううちにすんなり理解できます。水の大切さに気付くヒントがいっぱい。

対象年齢:4歳~


「もったいない」って分かる?

もったいないばあさん

作:真珠まりこ 講談社1650円

ご飯の食べ残し、水の無駄遣いなど、日本の「もったいない」という価値観を知ることで、SDGsを考えるきっかけにつながります。

対象年齢:3・4歳


大人も楽しめる

サクッとSDGsを理解できる

世界がぐっと近くなるSDGsと ボクらをつなぐ本 ハンディ版

監修:池上彰 画 :モドロカ 学研プラス 1430円

小学生から大人まで、みんなが自分事としてSDGsを理解するための工夫が盛りだくさん! SDGsの17の目標を漫画と図解で分かりやすく解説した一冊です。


教えてくれたのは

金龍堂 まるぶん店 
尾方友紀さん

SDGsの視点で、お持ちの絵本を読み直してみるのもお勧めです!