VOL.470[楽しむ]

子どもから大人まで楽しめる動物園。動物をただ眺めるだけではなく、ポイントをしっかり押さえて観察するとより楽しみが広がります。熊本市動植物園飼育員の平瀬早人さんに、動物園での観察のこつを聞きました。


動物の生活時間に合わせて

動物園の動物は、それぞれに生活スケジュールが決まっています。例えば熊本市動植物園のゾウは開園直後の9時が狙い目。健康チェック後、餌を食べる様子を見られます。見たい動物のスケジュールを園に聞いてみると、生き生きと動く瞬間に出合えます。

動物同士の関係性もチェック

同じ動物間での関係性を知るとそれぞれの個性が見られて、さらに面白くなります。ゾウ舎では、お姉さんの「マリー」が強く、妹分の「エリ」の餌を横取りする様子を観察できます。名前などの情報はおりの前に掲示されていることも多いので、チェックしてみましょう。

「なぜ?」の視点を育てる

動物を見て「長い鼻だね」「派手な色だね」で終わるのではなく、「どうしてだろうね?」と、子どもが考えるきっかけになる声掛けもオススメ。正解が分からなくても、「なぜ?」の視点を育てると興味が深まります。

ゆっくり時間をかけて

お目当ての動物をあらかじめ決めて、寝ていたら起きるまで、動かなかったら動くまで…と、長めに観察するのもポイント。じっくり見ることで、新たな発見があるはずです。


飼育員の工夫も観察しよう!

動物園では「動物福祉」の考え方が基本となっています。これは、動物たちの心身共に健康な状態を目指すもの。野生動物が多い動物園では、野生に近い環境づくりも大切です。例えば、餌のやり方は野生と同じく「探して食べる」「動きながら食べる」といった状況にするため、餌を高い場所につるしたり、運動場のあちこちに隠したりといった工夫をしています。動物を見る際にはそういった飼育員の工夫も見つけて、野生動物の暮らしを想像すると楽しくなりますよ。


教えてくれたのは

熊本市動植物園 ゾウ・サイ担当飼育員
平瀬早人さん

「開園100周年記念サポーター」にご協力いただくと、一日飼育員体験などもできますよ!

HPはこちら

平瀬早人さん