VOL.474[知る・学ぶ]

大人なら当たり前に行っているごみの分別。その理由を知らない子どもは不思議に感じているかもしれません。なぜ分別する必要があるのか、その理由を熊本市資源循環部廃棄物計画課に聞きました。

12 つくる責任 つかう責任


Q. なぜごみを分別する必要があるの?

A.

家庭からは毎日たくさんのごみが出ます。ごみの中には、「まだ使えるもの=資源」が多くあります。ごみが、資源となるか、そのままごみになるかは、「ごみを捨てる時」に決まります。ごみと資源をきちんと分別することで、資源として再利用され、ごみの減量にもつながります。ごみを出している私たち一人一人が、ルールに沿ってごみを分別することが大切なのです。


Q. 分別した資源物はどうなるの?

A.

資源としてリサイクルされ、新しい物に生まれ変わります。

ペットボトルはTシャツ(再生ポリエステル繊維)に。紙パックはトイレットペーパーに。空き缶(アルミ)は自動車部品(ホイールなど)

ペットボトルは Tシャツに 変身するんだね!

※リサイクルは一例です


身近な物が「何ごみ」なのかを 調べてみよう!

下記の物が何ごみなのかを考え、「燃やすごみ」には〇、「埋め立てごみ」には×、「資源物」には△を付けましょう。(答えは下)

Let's try!

生ごみ、空き缶、時計、ぬいぐるみ、DVD、古着、自転車。できたかな?

※熊本市(植木地区を除く)のごみルールに基づいて紹介しています


もっと詳しく知りたい人は

熊本市ごみカレンダーアプリ

熊本市ごみカレンダーアプリの中にある「ごみ分別辞典」で簡単に調べられますよ。親子で「これは何ごみ?」と問題を出し合ってみましょう。

答え

燃やすごみ(○)…生ごみ、ぬいぐるみ、DVD
埋め立てごみ(×)…時計
資源物(△)…空き缶、自転車、古着

はじめよう!SDGs

地球にある資源は限られています。ごみの行方を知ることで、分別の大切さを再確認し、行動につなげ、持続可能な熊本にしていきましょう。