子どもがワクワクする お弁当の詰め方

ふたを開けた時、子どもがワクワクするようなお弁当を作りたいと思いませんか。定番のおかずを使って、見た目がぐっとかわいくなるお弁当の詰め方のコツを、自身も子育て中で料理教室を主宰する三上絵理さん(北区龍田町弓削)に教えてもらいました。


詰め方の基本

おかずカップなどで斜めのラインを作ると見た目がおしゃれに。3スペースに分けて詰めていきます。

テーマ「夏の思い出弁当」

【手順】

(1) 中心にメインの食材、脇にサブの食材を詰める

(2) 余ったスペースにレタス、パセリなどを入れ、その他の食材を詰める

(3) (1)の食材が動かないように、ピックを刺した枝豆、型抜きをしたニンジンなどを置く

ポイント

★「弁当」のテーマをあらかじめ子どもと一緒に決めておくと飾り付けしやすく、統一感が出ます

★アルミカップよりワックスペーパーのカップを使うとかわいさアップ

★ピックは3~4本を目安に使うと上品な仕上がりになります。食材にない色をチョイスするのもおすすめ

材料例
メインの食材…唐揚げ
サブの食材…卵焼き・アスパラガスのベーコン巻き
その他の食材…ウインナー・枝豆・ブロッコリー・ミニトマト・星形キュウリ・魚形ニンジンなど


すき間埋めアイテム

スペースが余ってしまったときに活躍! 家にあるものでササッとできるのもうれしいですね

たこさん・かにさんウインナー

目は、つまようじで穴を開け、黒ゴマのとがったほうを刺した後に、足を開くために加熱する

たこの上部分に長細く切ったのりを巻いて「はちまき」にするのもかわいい !

枝豆ピック

冷凍枝豆をピックに刺すだけ。チーズと交互に刺しても◎

塩もみキュウリのグルグル

ピーラーで薄く切ったキュウリを塩でもみ、柔らかくなったら枝豆をグルグルと巻き、ピックで固定


応用テク

ちょっとひと手間かけるだけで、完成度が上がる技を紹介します

★食材は丸い形にするとかわいく見える

唐揚げは丸めて揚げ、卵焼きは巻きすを使って丸く成形

★トマト、赤パプリカなど、色が鮮やかな食材は上に置くと、華やかな印象に

★キュウリ、ニンジンは抜き型を利用する、縦の薄切りにするなど、変わった切り方にするとおしゃれ

どれか一つでも取り入れて、楽しみながら弁当を作ってくださいね。
長続きのためにも頑張り過ぎは禁物です

レストラン料理教室 chef de maman~
シェフドママン~主宰 三上絵理さん(35)