子どもの病院のかかり方

子どもが病気になったりケガをしたりすると、慌ててしまい準備が不十分なまま病院へ行くことがよくあります。何を持って行くべきか、何を心掛けておくべきかなど、子どもの病院のかかり方を、熊本大学医学部附属病院小児科の黒澤茶茶(ささ)医師に聞きました。

持っていくもの CHECK

受診に必要なもの

□保険証
□ひまわりカード(子ども医療費受給資格者証)
□お薬手帳
□診察券
□親子健康手帳
※上記は日頃からケースにまとめておくと便利です

あると便利なもの

□着替え
□ビニール袋
□おしぼり
□バスタオル
□水やお茶などの飲料水
□マスク
など

診断の参考になるもの

□いつから、どんな症状かをメモしたもの
□症状を撮影した写真→便(オムツごと持参しても可)、じんましんなど
□症状を撮影した動画→けいれんなど


高熱や発疹の場合は事前に連絡しましょう

熱が高いときや発疹があるとき、また周囲で水ぼうそうやおたふく風邪などの感染症が流行しているときは事前に病院へ連絡を。他の患者さんにうつらないよう隔離室へ案内されます。

症状の説明ができるひとが連れていきましょう

いつからどんな症状が出たのか、またどんな経緯でケガをしたのかが分かる人が連れて行きましょう。やむを得ず他の人に頼む場合は、詳細を伝えるか、詳細を書いたメモを渡しておきましょう。

身長・体重・平熱を把握しましょう

薬を処方する際、身長・体重に合わせてその量を決めます。病院で測れない場合もありますので事前に把握を。また、発熱時の体温と平熱の差が診断の参考になりますので知っておいてください。

かかりつけ医を持ちましょう

子どもの健康状態や病歴などを把握しているかかりつけ医は、素早く的確な診断ができ、それぞれに合った治療法を提案してくれます。信頼できるかかりつけ医を探しましょう。


教えてくれたのは

熊本大学医学部附属病院 小児科
黒澤茶茶 医師

医師に聞きたいことをメモし、それを受診時に持って行くと聞きそびれがないですよ。