気軽に自然体験♪ 春の草花遊び

道端や公園などで植物が伸び伸びと育つ季節。今回は、身近な春の草花の名前や簡単な遊び方などを、NPO法人コロボックル・プロジェクトの甲斐原 巖さんに教えてもらいました。


春の草花で遊ぼう!

1. ナズナ

特徴

春の七草の一つ。ハート形をしているのは、葉ではなく実。ぺんぺん草とも呼ばれる。

遊び方(音遊び)

実の部分を切れない程度に引き下げます。くるくる回すと、「ぺんぺん」と音が聞こえます。


2. スズメノテッポウ

特徴

人の足首~すねの高さの雑草。4~5cmの花穂を持つ。

遊び方(草笛)

穂を引っ張って抜き取ります。節の部分を口で軽く挟んで吹くと、笛のような音が出ます。


3. オオバコ

特徴

卵形の葉と穂状の花が特徴。茎が伸びないので、踏まれても強い。

遊び方(草相撲)

2人で遊びます。1人1本、葉や花穂を軸から抜きます。軸を交差させて引っ張り合い、切れなかった方が勝ち!


Q. この植物の名前は?

道端でもよく見かける「カラスノエンドウ」(左写真)。これと姿形はそっくりだけど、全体的に小ぶりな植物を見たことのある人も多いのでは。これは「スズメノエンドウ」と呼ばれています。他にも、おもしろいネーミングの植物があるかもしれませんよ。

カラスノエンドウ

カラスノエンドウ

スズメノエンドウ

スズメノエンドウ
カラスノエンドウの近くに生育しています


教えてくれたのは

NPO法人コロボックル・プロジェクト理事長
甲斐原 巖(がん)さん

季節ごとに親子向けの自然体験活動を実施しています。詳細はFacebookで(「甲斐原巖」と検索)。