ベビーサインに挑戦!

赤ちゃんと手を使ってコミュニケーションを取る「ベビーサイン」。県内各所でベビーサインを指導している講師の高木その子さんに、メリットや代表的なサインを教えてもらいました。


ベビーサインとは?

言葉を話せるようになる前の赤ちゃん(0~2歳)と、簡単な手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションを取る育児法のこと。最初に教えるサインは「おっぱい」「もっと」「おしまい」。他に70種類以上あります。生後6カ月~1歳半ごろに始めます。

メリット

・親子の絆が深まる
・育児がより楽しくなり、ストレス軽減になる
・赤ちゃんの話し言葉の発達を促す
・赤ちゃんのコミュニケーション力が育つ など

☆赤ちゃんと向かい合い、普段の語り掛けに手を添えて、サインをして見せてください。個人差があります。焦らずゆっくり続けてみましょう。


おっぱい(ミルク)

右手を、胸の前で閉じて開く。


もっと

右手と左手を、胸の前でつけたり離したりする。


おしまい

両手の手の平を、上に向けてから下に向ける。


お風呂

両手をグーにして、胸の前で上下する。


ねんね

両手をそろえて頬に付け、顔を傾ける。


オムツ

両手で股をたたく。


教えてくれたのは

一般社団法人 日本ベビーサイン協会 認定講師
高木 その子さん

赤ちゃんと意思疎通ができるようになると、育児がより楽しくなりますよ。

イベント情報

日時:9月25日(水) 10時~、13時~、14時~
場所:ベビーザらス熊本店 (東区上南部2‐2‐2ゆめタウンサンピアン2F)

☆ベビーサインについて詳しくは下記へ

ベビーサイン協会HP https://www.babysigns.jp/
「ベビーサイン」はベビーサイン協会の登録商標です。