手抜きに見えない! 時短料理のコツ

新年の準備で慌ただしい12月。少しでも家事の手間を減らしたいものです。そこで読者の皆さんから、時短料理のレシピや、使ってみて便利だった調理器具などの情報を集めました。ぜひ参考にして年の瀬を乗り切ってくださいね。


味付けはドレッシング1本で!

種類にもよりますが、ドレッシングは塩や砂糖、酢、香辛料などがバランスよく配合されているので、炒め物やパスタの味付けに使えます。計量スプーンを出して調味料を一つ一つ量る必要がないので時短になりますよ。
(ともママさん)


放っておくだけで完成する保温鍋

テレビショッピングで保温鍋を見て、即購入! 保温鍋とは、鍋の具材にある程度火を通した後、保温性の高い専用のカバーに入れておくことで、食材がしっかり煮える商品です。ずっと鍋のそばにいる必要がないので、保温している間に子どもとお風呂に入るなど、時間を有効に使えて助かっています。
(SVCさん)


成形しないコロッケに

子どもがポテトコロッケが好きなのでよく作るのですが、手で成形したり、衣を付けたりするのが面倒…。そこで作ってみたのが“なんちゃってコロッケ”。炒めたひき肉、タマネギ、ゆでてつぶしたジャガイモでたねを作り、深皿などに敷き詰めます。そこに、フライパンでいったパン粉をかけて完成! 卵や小麦粉はもちろん、揚げ油も使いません。スキレットなどおしゃれな器に盛れば、パーティーメニューにもぴったりですよ。
(イモスキーさん)


弁当は前日の夕飯&冷凍食品で

毎日、子どもと夫の弁当を作っていますが、朝から包丁もまな板も出したくないため、前日の夕飯を弁当用に取り分けています。また、ブロッコリーや枝豆など、自然解凍で食べられる冷凍野菜は、弁当のすき間埋めに必須。余裕のある朝は、市販の冷凍おかずにひと手間加えます。例えば、インゲンのごまあえをちくわに詰めたり、ひじきの煮物を卵焼きの具にしたりして、見た目もグレードアップするようにしています。
(冷凍クイーンさん)


1週間単位で献立を考える

月・木曜は魚料理、火曜は肉料理、水曜はカレーやシチューなどの煮込み料理、金曜は丼物…というように、曜日ごとにメインの食材をざっくり決めています。そうすることで、献立を考える時間が短縮できるし、買い物中も「何を買おう」と迷わなくなりました。ちなみに月・木曜を魚料理にしているのは、火・金曜が燃えるごみを出す日なので、臭いがする魚の骨や皮を捨てられるからです。
(時短大好きさん)