[絵本選びシリーズ]3回目 春をテーマにした絵本

春は、新しい命の誕生や、進級、進学など新しい生活が始まる季節ですね。今回は、春をテーマにした絵本の選び方について、ぺぺぺぺらんの坂田弘子さんに聞きました。

教えてくれたのは

NPO法人 子育て支援ワーカーズ 「ぺぺぺぺらん」
坂田 弘子さん

手に取ってワクワクするかどうかがポイントです

[絵本選びシリーズ]1回目・2回目はこちら


生命の力強さを感じる壮大な絵本

「ツバメのたび~5000キロのかなたから」
鈴本まもる/作 偕成社

【内容】
春になるとマレーシアから日本へ飛んできて、新しい命を生み育てるツバメ。鳥の巣研究家でもある作者が、ツバメの生態を愛情深く、忠実に描いています。

定価1760円


美しい絵と優しく歌うような文章

「うさぎのおうち」
マーガレット・ワイズ・ブラウン/文 ガース・ウィリアムズ/絵 ほるぷ出版

【内容】
皆が「はる はる はる」と歌いだしたある日、子うさぎが自分の家を探しに出かけます。なかなかぴったりのおうちが見つかりませんが、最後は白いうさぎに出合って・・・。

定価1430円


思わず口ずさみたくなるユーモラスな詩

「くまさん」
まどみちお/詩 ましませつこ/絵 こぐま社

【内容】
冬眠から目覚めたこぐまが寝ぼけた頭で「ぼくはだれだっけ」。くまさんの表情や、つくし、わらび、たんぽぽなどの絵も優しく、ほのぼのする絵本です。

定価990円


春にぴったり! フォトポエム絵本

「おはつ」
工藤直子/作 小学館

【内容】
何げない日常の中に、いろいろな“お初”があることや、生きる喜びにあふれていることに気付かされ、勇気をもらえる一冊です。入園や入学、就職など、新しい一歩を踏み出す季節にお薦め。

定価1320円


自然の中でままごと遊び

「おままごと」
すなやまえみこ/作 こぐま社

【内容】
子どもの成長に大切な遊びの一つ、ままごと。女の子が作るたんぽぽのオムレツ、緑の葉スパゲティ、どろんこケーキ…。春になったらこの絵本を片手に、外でままごとをしてみませんか。

定価1100円


モノクロの世界に一輪の黄色い花

「はなをくんくん」
ルース・クラウス/文 マーク・シーモント/絵 きじまはじめ/訳 福音館書店

【内容】
冬の森の中、何かの匂いに誘われ動物たちが目を覚まし、駆けていきます。ぴたりと止まると、雪の中に咲いた一輪の花。命の芽吹き、春の喜びが表現されています。

定価1210円