一緒に滑ろう! 初めてのアイススケート

冬ならではのスポーツといえば「アイススケート」。親子で楽しめる全身運動です。これから始めるときに知っておきたいコツを、県スケート連盟普及部指導員の渡辺靖子さんに聞きました。


[準備編]

準備体操はスケート靴を履く前に!

★動きやすい長袖、長ズボン
★厚過ぎない靴下(足首まで覆うもの)
★手袋は必須。ヘルメットもなるべく着用
★スケート靴は普段の靴と同じサイズを


[基本姿勢]イメージはペンギンさん


[まずは足踏みから]

  1. 最初はリンクサイドで練習を。基本姿勢を取り、足の裏全体で床を押すように足踏み。グラグラしなくなるまで頑張って。
  2. リンクに入るときはゆっくりと。両手で手すりにつかまって、横歩きで出入り口から少し離れたところまで移動しよう。
  3. 両手を手すりに置いたまま、氷の上で足踏みする。リンク内は反時計回り。慣れてきたら左手を離し、さらに右手も離す。
  4. 膝の屈伸を使いながらリズミカルに足踏みすると、自然と前へ進む。「いちに、いちに」から「いーち、にー」へ、足踏みの間隔を伸ばしていこう。


[滑ってみよう]

足の裏全体で氷を斜め後ろに押して、前に進もう。勢いがついたら、両足を平行にしてみて。両膝は常に曲げる。

止まりたいときは、足を「ハ」の字にする。土踏まずの内側で氷を押すようにしてみて。


[転びそうなとき]

顎を胸につけるイメージで体を丸め、お尻から転ぶ。

四つんばいの姿勢から片足ずつ氷を踏みしめて立ち、基本姿勢に戻って。


教えてくれたのは

県スケート連盟普及部指導員
渡辺 靖子さん

12月22日、アクアドームのリンクがオープンします!

アクアドームHP

http://kc-sks.com/aqua/