「じゃがいも」

森の子リスのように、
あらゆる野菜が芽吹く我が家の台所。
人参、さつまいも、じゃがいも。
いやだわ、ちょっとほったらかしにしてたら
すぐこれだもの。
じゃがいもねえ…せっかくこんなに芽吹いたのに、
捨てるのはなあ…。
そうだわ、これを庭に埋めたら!
芋がじゃんじゃんできるんじゃない!?

そして知ったかぶりに半分に切ってみたり
切り口を乾かしてみたりと準備しながら、
色々ネットで調べてみる。
すると、調べれば調べるほど
「食用のじゃがいもを種イモにするのは危険」
「カビに汚染されたら数年植えられない土地になる」
と脅されるものばかり目につく。

…わかったわよ!!
ええい、こんなもの捨ててやるわよ!!

ちゃんと市販の種イモを買って!
土にがっつり肥料を混ぜて!
うねをたてて!
黒いビニールを張って!
ざくざく掘って芋を植えて!! オラオラオラ!!

あれ、なんだ。
できたじゃん。
なんか、ねえ!
それっぽいのができたよ!?

それから数日経ったら、ビニールにツンツンした張りが。
ハサミで切ると…

やったーーー!!
芽が出てる!! はっぱ! はっぱが!
かわいい~!!
ふんふん、じゃがいもは根ではなくて茎?
だから、種イモの上にしか出来ない?
…ので、土をたっぷり? この上から?
またかけてやるの!?
そんで肥料もまた!?

…これ、ちゃんと元とれるんだろな?