初めて読まれる方はコチラ

~第4章~ 高校時代

2014年 たかぞう(仮名)15歳の時のこと

34話 「高校入学」

高校に入学する前に、教科書販売や体育服、靴などの
物品販売があった。
おおう、こんなにずっしり…うふふ、でも全然重たくなんかないわ。
これで晴れて高校生。
クラス発表でも、中学で仲の良かった子と同じクラスになれたし、
同じ高校には保育園から一緒の友達もいるし、
初めての事ばかりだけどきっと大丈夫よ!
楽しみね!!と、浮かれまくる私。

※イメージ

自転車通学なので、自転車を新調して
高校までの道を確認…
え、グーグルマップだけじゃダメ?
そ、そそそうだよね。
じゃあ…春休み中に自転車で…え、お母さんもついていくの?
ついてくよ! ついていけばいいんでしょ!?

坂道…なんだって学校はこうも坂道の頂点に作るのハアハア…
死ぬ思いで、久々自転車をこいで二人で高校へ行く道を確認。
よし、もう大丈夫。お弁当箱も買ったし。水筒もバッチリ。
通学用のバッグもほら、かっこいい!

そして迎えた入学式のりりしい姿に思わず涙。
大きな体育館、広い教室、
さあ、明日からいよいよ新しい生活が始まる。
楽しみね!!

と、浮かれまくったのは
この日が最後だったことを 

この時の私はまだ知らなかった。

(つづく)