初めて読まれる方はコチラ

48話 「次の山は参考書」

告知後、おだやかに過ごしていたある日のこと。
たかぞうが、突然本屋に行きたいんだけど、と言い出した。

たかぞうは、漫画をほとんど読まない。小説もめったに読まない。
我が家には私自慢の漫画蔵書が山のようにあるというのに。
そんなたかぞうが本屋へ。なになに、何買うの?
とわくわくして聞くと、

「参考書と問題集」

※イメージ

目が点になるとはよく言ったものだ。
まず耳を疑い、自分を疑った。

え、あの、なんで? と聞くと、
「いや、この前お母さんから話を聞いた時にさ。
そういえば受験の時すごく頑張ってたなって思い出したら、
勉強したくなって。」

私の人生の中で、一度たりとも発したことがない
「勉強したくなって」という言葉に、動揺しまくる。
「わ、わかりました」と車をとばし、本屋へ。
これと、これと、これ。そして…
10冊ほどの問題集をお買い上げ。ちーん。
すみません、カードでお願いします。

そうして、しばらくは部屋からゲームの音がすることも無く、
「お風呂よ」と部屋をのぞくと
いかにもお勉強してました、の机が広がっていて
私をまたさらに泣かせるのだった。

つづく