初めて読まれる方はコチラ

50話 「重たい願書」

高校3年になり、いくつか回って決めた専門学校へは
推薦をもらえるため願書を提出する。

そこに、まさかの落とし穴があった。
それは「自己PR」。

※イメージ

私だったら、あることないこと書きまくって
枠からはみ出るほど書ける自信があるのに、
真面目でウソをつくことが出来ず
しかも自己肯定感がマリアナ海溝並みに低いたかぞうには
どうしてもその欄が埋まらない。

どんなにお手本の文章や、ネガティブ要素をポジティブに言い換える
テクニックを伝授しようとしてもなかなかそれを受け入れて
納得してくれない。

「大丈夫だって。学校が欲しい答えはこーゆーことだから」
と言っても、
「だってそれは本当の俺じゃない」
と、中々嘘つきになってくれない。

入学したときに、違うじゃないかと責められる様なことが
あるんじゃないかと心配なのか、
本当に自分には良いところが無いと思い込んでいるのか、
この願書書きにはとにかくほぼ毎晩と言っていいほど
ああだこうだ言いながら、
なかなか書き上げることが出来なかった。

自分を守ることと、自分を好きになることとは全然別の理由で
新しく環境が変わることに、とにかくおびえているようにも見えた。

(つづく)