眠れない森のお姫さま

ようこそ星の王子さま 続編

    

娘の寮生活が始まりました。
10時間は寝かせたいけど、寮の就寝時間は10時、起床の点呼は6時半。
しかも馬術部はその点呼前に馬のお世話をするらしく、
えーと…あれ?
そしたら6時起床じゃ間に合わなくね?
それまでなんとか10時間睡眠でやっと整えてきた体調が、
ここにきて8時間を切ることに。
でも、馬のお世話ができることと
朝から夕方まで馬といられることにテンションが上がりまくった娘は
なんとかやってみる、と同じ1年生の子たちと頑張っていました。

しかし、LINEで毎日体調を聞いているうちに
段々めまいと頭痛の頻度が増し、
とうとう倒れてしまったと連絡が入りました。
急いでお迎えに行ったところ、
「最近は朝4時半に起きてた」とのこと。

それは話が違う。そもそも部活で運動するのも難しいのに、
そこまで睡眠時間を削って日常生活が送れるわけがないじゃない!!
しかし娘は、病気だからといって
「人と違う行動パターンで部活に参加する」
「みんながしているのに自分だけしない」
という事がどうしても嫌だったらしく、また
先生が朝の作業はしなくてもいい、と言ってくれたからとはいえ
他の部員たちにそこまで細かく伝わっていなかったこともあり、
先輩たちから指導されたこともあったそう。
もともと、何でも率先してやりたがる娘。
健康な体だったら。病気じゃなければ。私だってやりたい。
その思いがわかるだけに、頑張っている様が痛々しかったのです。
(つづく)