頬をぬらすこともなくなりました

<実話>桜田幸子