雨上がりに近所の江津湖を歩きました。
遊歩道には半夏生(ハンゲショウ)の葉が輝いています。葉の半分だけが白くなる植物で、よく見ると穂状の花が咲いています。この開花は田植えの目安とされたとか。
水辺が気持ちよい季節です。家のなかにこもりがちですが、梅雨の晴れ間に歩くと、さわやかな空気が身体を吹き抜けていくような気がします。