11月の夕暮れ。熊本県庁まで、散歩の足を延ばしたら、プロムナードのイチョウ並木に、ちょうどライトが点灯されました。光に照らされたのは黄葉の樹木だけではありません。小さな子どもを連れたご家族や、帰宅途中の女子高生、カップルなどの笑顔が映えます。
「こんなに人が」と驚きました。そこにいる見知らぬ人々も、キラキラした光の空間に集う仲間のように、上を見上げて嬉しそうです。誰かと幸せを共有する時間をしばらく楽しんで帰宅しました。