紅葉の一般公開の最終日、熊本城内の細川刑部邸を訪れました。抜けるような青空に多くの方が訪れてカメラを構えておられました。目を移すと長塀が波打ったまま震災の爪痕を刻んでいます。それでも家族連れの明るい声などが響き、生気に満ちた武家屋敷の姿でした。