熊本伝統工芸館で「銅銭糖ミュージアム&カフェ」が開催中です。小春日和のなか友人と訪れました。娘が大学受験を控えて落ち着かない日々でしたが、気のおけないおしゃべりで気分が明るくなりました。
銅銭糖(どうせんとう)とは大津町に150年以上前から受け継がれている郷土菓子。
この展示会は熊本県立大学丸山ゼミ「TEAM DOSENTO」の皆さんが、郷土菓子「銅銭糖」の魅力を再発見してもらうという思いで開催されたものです。大学生たちのまぶしい姿が春からの娘に重なりました。