朝早く出発して、8時30分頃に到着したのですが、すでに駐車場にはクルマを誘導するスタッフさんが何人もいらして、かなりの数の来園者で賑わっていました。

正面ゲートから中に入ると、見頃をむかえた花畑が先の方まで広がっていて、中でも、様々な色のチューリップがとても美しく咲いており、春の季節を感じました。

5月中旬からは、手ぶらでキャンプができる「花と星」がオープンするそうで、すでに園内の複数箇所にガッチリしたテントがウッドデッキを基礎に設置されていました。テントの中にはベッドやソファー、テーブルなどが置かれていて、見るからに快適そう。

標高800メートルの久住高原で、花々に囲まれてのキャンプ...。街の灯りが届かないこの場所で、星の大海を眺めてみたいものです。