「カタルパ」といえば徳富記念園にある新島襄由来の樹、と一番に思い浮かべます。珍しい植物ですが二世三世と世代を継いで、大江や合志市など各所に植えられているからでしょうか、今日は中央区白山通りで「カタルパ」の大樹と出会いました。夏の予感がする雨の午後、白い花がたわわに咲いて新緑の葉とともに風に揺れていました。