出不精ですが、毎年長洲の金魚祭りには足を運んでいます。
春と秋にあるのですが、特に秋の金魚祭りは品評会があるので何があっても見に行きます。
ずらりと並んだ洗面器を覗くと、愛情込めて育てられた美しくて立派な金魚。
白いホーロー洗面器の中を揺蕩う姿は迫力さえ感じます。
長洲といえばやはり、金魚と呼ぶには衝撃的な大きさのジャンボオランダ獅子頭でしょう。
それと、個人的に好きな金魚は上から見た時に、尾びれが蝶のように見えることからその名がついた蝶尾。
あと、丸い鉢を泳がせて作る、舞い上がるドレスのような尾びれが特徴の土佐金。
水槽で見る姿が美しい主文金も好きな金魚からは省き難い。。。
私も金魚を育てて7、8年。長洲で必ず購入しています。
けれど洗面器の中を泳ぐ金魚達の美しさには到底叶いません。
その金魚を見るだけで、飼育者の苦労や熱量が伝わってくる程です。

長洲は全国でも有数の金魚の町です。なかなか見れないような素晴らしい金魚が熊本にいれば見る機会があるんです!
是非一度長洲の金魚祭りに足を運んで欲しいと思いました。
そして一人でも金魚愛好家が増えたらいいな、と思っています。