13日土曜日に旭志の鞍岳・ツームシ岳に登りました。期待していたアセビやキスミレ・ハルリンドウ・ショウジョウバカマに出会えて、春の名残を楽しむ一日となりました。下山後に立ち寄った「四季の里旭志」では家族連れがくつろぐ園内に、しだれ桜が咲き誇り、疲れをいやしてくれました。
熊本地震から三年の節目。復興の道のりはなかばですが、時は待たずに進んでいると実感しています。